フランスの田舎式家具とは|体に合う敷布団の選び方とは|快眠するには必要なこと
部屋

体に合う敷布団の選び方とは|快眠するには必要なこと

フランスの田舎式家具とは

家具

名前の意味

ドラマでも用いられることが多いフレンチカントリー家具は、外国を思わせるオシャレ感から女性に好まれているようです。カントリーという言葉は見聞きしたことがある方も多いと思いますが、一般的に使われる意味は田舎です。フレンチは簡単に言うとフランスのことですが、料理などでよく見かけるので意味を理解している方は多いと思います。フレンチカントリーの発祥の地がフランス国内の田舎であったことから、フレンチ(フランス)カントリー(田舎)という名前で呼ばれています。日本でフレンチカントリーとして販売されている家具や雑貨は、本場の人からするとフレンチカントリーではないような気がするというものもあるようです。正式なフレンチカントリーを入手したい方は、専門的な家具店の利用をおすすめします。

家具の特徴はどんな感じか

フレンチカントリーの特徴は、ベースカラー白・メインカラー白/淡いピンク/淡い黄色/淡い青・装飾は丸みを帯びる・取っ手が陶器製又は鉄製・扉の枠が額縁みたい・木目が活かされているといったことがみられます。ベースカラーは白が一番多いとされますが、モスグリーンをベースカラーにした家具も存在します。装飾の丸みは、脚を見るとよく分かります。角がなく、家具によっては脚が波打つ形状になっているものもあります。取っ手はベースカラーの白に合わせて、黒い鉄製が多いようです。陶器製であれば、黒以外のカラーもあります。扉枠の額縁型は、食器棚などで確認できます。木目は、机など平面部分がメインになる家具でよく活かされます。淡い色・木の感じ・角のない丸み感は部屋の雰囲気を温かく家庭的にするので、落ち着いた空間にしたい方に注目されています。